綺麗な花を咲かせるために!アジサイの上手な育て方|Artificial Turf

綺麗な色をつけるアジサイ

アジサイは梅雨の時期に紫やピンクなどの綺麗な色を付けますよね。綺麗に咲かせるためには育て方の知識を身につけておきましょう。Q&Aを読んで、あなたのガーデニングに是非活かしてみてください。

上手に育てたいから!アジサイの育て方Q&A

アジサイの開花時期はいつ頃ですか?

アジサイの開花時期は5~7月にかけて開花します。梅雨の時期と考えると覚えやすいですよ。

置き場所って決まっていますか?

アジサイは日陰でも育つ植物ですが、花付きを良くするためにはある程度日が当たる場所に置きましょう。

アジサイも病気になりますか?

はい、あります。風通しの悪い場所に置いておくと、うどんこ病にかかることもあるので気をつけましょう。

挿し木ってできますか?

アジサイは挿し木で増やしていくので、たくさん増やして楽しめる植物になっています。

アジサイ

手順を知る

アジサイは、育て方を知るということがとても大事です。アジサイは挿し木で育てていく植物のためタネ蒔きをしないという点も特徴です。植え付けをする季節は冬が最適となっています。剪定する場合は、切り過ぎないということが大事です。切り過ぎると芽まで切ってしまうことがあります。芽まで切ってしまうと花が咲かないので初心者は剪定をしないことも重要となります。特別な肥料が必要ないという点なども魅力です。手がかからないことから育てやすい植物でもあります。5月~7月にかけて青や紫、ピンクなどの花が咲きます。花はドライフラワーとして楽しむことも出来ます。植木鉢で育てることが出来るためマンションや広い畑がなくても手軽に楽しむことが可能です。挿し木で増やしていくということも出来るので、繁殖させていくという楽しみ方もあります。

元気なものを選択する

アジサイを育てるなら、育て方を知ることが基本です。育てる上で大切なことに元気なアジサイを選択するということがあります。育て方の基本として元気な苗を選ぶということが重視されています。実際に選択する場合は、ポイントを知っておくことが大事です。葉っぱが黄色くなっていないものを選ぶということや花が多い株を選択するということも重視されています。葉っぱが黄色くなっているものは、枯れている可能性があります。また、花が多い株は来年も多くの花を咲かせる可能性が高いのできれいに咲きやすいです。やはり、花は多い方が全体的に見栄えがします。こうしたポイントを知っておけば、元気なアジサイを育てることが出来ます。育て方によっては、上手く咲かないこともあるのできちんとお世話をしていくことが求められています。正しい知識も不可欠です。

広告募集中