放置はNG!害虫トラブルになる前に早めの草取りが大切!|Artificial Turf
HOME>注目記事>放置はNG!害虫トラブルになる前に早めの草取りが大切!

草対策は毎年確実に実施

女性

住んでいる家や働いている職場の敷地内に雑草が生えてしまったならば、早めに業者に草取りを依頼するといいでしょう。自分でできるならいいのですが、そうでないなら放置せず、毎年必ず実施していくことで敷地内はきれいに維持できます。

株を除去する作業

草刈り機

雑草はそんなに大したことがない状況であればすぐにむしり取ることができますが、ススキなどが生い茂ってしまったときには専用の道具を使わなければいけません。ススキは根っこが複雑かつ頑丈になっており、株の状態になってしまうと際限なく広がっていくので確実に除去しなければならないのです。クワなどを用いて根っこを取り除こうとしてもうまくいかず、鍬が壊れてしまうことも多くあるので、ノウハウを持った専門の草取り業者に任せましょう。

雑草への対策

草取り作業を業者に依頼するときには、個人であっても法人であってもあまり大差なく、どのあたりまで草を除去するのかを決めることになります。広さだけでなく、根っこを確実に除去するのかどうかも決めることになるので、費用だけで判断するのはやめましょう。安く済ませるなら機械を使って草刈りをしてもらうことになりますが、その場合は根っこがそのまま保持されてしまうのであまり意味がありません。そして根っこまで除去した後に草が生えないように、シートなどをしいてもらうこともできるので、その敷地の用途に応じた草取りを申し込むことが大切です。

放置しないことが重要

雑草が生い茂った敷地になったとしてもあまり目立ったデメリットがないため、多くの人がそのまま放置することを選択してしまいます。しかし、草むらというのはネズミやゴキブリなどの巣ができることも多くあり、その影響でそういった害獣と害虫が増えてしまうこともあるので気を付けましょう。草取りをしなくても別に問題は起こらないと軽く考えず、しっかりと対処を行っていくことが大切なことです。毎年機械で草刈りをしてもらう、根っこまで除去して防草シートと砂利を敷き詰めるなど、雑草にしっかりと対処した敷地にしていきましょう。

広告募集中